TEL:086-214-5607
監修医院 さくらデンタルクリニック

〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-10

アクセス
メールでのお問合せ

スタッフ紹介

HOME»  スタッフ紹介

ごあいさつ

歯科医療の診断や治療技術、また、医療機器や材料の進歩は日進月歩です。私が大学を卒業した約25年前から絶え間なく進歩し、今やインプラント治療や矯正治療、そしてセラミックなどを用いた審美治療などが当たり前のようになってきています。
日本は国民皆保険制度の中、歯科治療も多くの治療が保険の範囲内で行うことができています。ところが、下のグラフに示すとおり歯科医療の国民全体の医療費は平成27年度で約2.8兆円で、ここ20年ほとんど増加していません。そればかりか医療費全体に占める割合は年々減少し続け、約6.8%です。このため保険では、銀歯やブリッジ、プラスティックの入れ歯など、その治療の適応範囲はあまり広がることがありません。可能な限り医療費の負担が少ないにこしたことはありませんが、現在の医療水準で考えた場合、患者様によってはどうしても保険の範囲内では満足にいく治療結果をえることができません。

さくらデンタルクリニックでは、まず保険診療や⾃費診療ということではなく、患者様ひとりひとりのお⼝の状態をベストな状態にするには何が必要であるかを考えます。お⼝の中に問題がおこった原因が何かを考え、その解決⽅法を呈⽰し、それぞれの治療⽅法の利点⽋点、治療結果の差などを説明します。
患者様の今の年齢や⽣活環境などを考え上でベストの⽅法が何なのかをカウンセリングさせていただき、治療⽅法を決定するようにしています。
ベストの⽅法が保険診療の範囲内で可能であればいいのですが、そうでない場合は⾃費治療について⼗分に説明させていただき、治療費やおおむねの治療期間などを呈⽰し、患者様に治療⽅法を決定していただきます。
⾃費治療の場合、治療費が多くかかるという⽋点はありますが、提供できる医療技術の範囲が広がり、使⽤する材料や治療器材なども違うため、精度が⾼く、審美的で、しっかりかめるなど機能⾯での改善も⼤きく期待できます。
治療期間も⻑くかかる場合が多いですが、治療結果が⻑持ちし、再治療の可能性も低くなります。満⾜⾏く結果を得て再治療を繰り返さないためにも、⾃費治療を⾏う⽅が望ましい場合も多いです。

院長略歴

略歴

1965年
10月生まれ
1990年
岡山大学歯学部卒業
1990年
岡山大学歯学部口腔外科学第二講座入局
1995年
綾上歯科診療所院長
2000年
歯学博士(岡山大学)
2000年
医療法人社団綾上歯科診療所理事長
2006年
さくらデンタルクリニック開設
2010年
JIADS(日本先進歯科研究所)講師
2014年
医療法人社団さくらデンタルクリニック理事長
2016年
東京歯科大学 客員講師

所属

資格など

  • JIADS歯周病コース受講
  • JIADS補綴コース受講
  • SJCDレギュラーコース受講
  • 筒井塾咬合療法コース受講
  • Dr. Alexander矯正治療コース受講
  • ステリオスインプラントライセンス
  • ノーベルバイオケアインプラントライセンス

指導医

専門医

認定医

著書

  • AJODO 2014 Vol.145

    American Journal of Orthodontics and
    Dentofacial Orthopedics 2014 Vol.145
    矯正治療とインプラント治療を連携して行った
    治療例を海外の専門誌に発表しました。
  • クインテッセンス 2012-10

    グローバル情報「今月、なに読んだ?」より
    『インプラント上部構造の破損の原因は?』について
    >>クリックすると詳細をご覧になれます。
  • JIADS CLUB VOL.20 No.1

    重度歯周病患者に対して、歯周初期治療のみで
    長期にわたってメインテナンスを行っている症例
  • JIADS CLUB VOL.18 No.3

    治療結果の永続性をめざして・・・
    インプラントの治療を行う上での矯正治療の
    有用性について
  • JIADS CLUB VOL.18 No.1

    治療結果の永続性をめざして・・・
    安定した咬合関係を構築する上でのインプラント矯正の
    有用性について
  • クインテッセンス 2012-2

    私の道具箱
    JIADS オリジナル患者説明用模型
  • インプラント長期症例 成功失敗の分岐点

    矯正治療とインプラント治療の連携
    ーインプラント補綴の予知性を高めるためにー
  • JIADS CLUB VOL.17 No.1

    治療結果の永続性をめざして・・・
    歯周病と咬合についての考察(Part1)
  • クインテッセンス 2010-9

    THE REPORT
    歯周病と修復治療およびインプラント治療
    過去から現代そして未来の治療学
  • クインテッセンス 2009-8

    多数の骨縁下欠損を有する重度歯周病患者に
    再生療法で対応した症例
  • 日本臨床歯周病学会会誌

    重度歯周病患者に対して
    再生療法および切除療法によって対応した症例
  • JIADS CLUB VOL.14 No.2

    多数の骨縁下欠損を有する重度歯周病患者に
    再生療法で対応した症例

スタッフ紹介

歯科医師

田中 宏和
岡山大学歯学部卒業
堀江 宙史
岡山大学歯学部卒業
渡邉 翔
岡⼭⼤学⻭学部卒業

歯科衛生士

平井 直美
岡山高等歯科衛生専門学院卒業、日本歯周病学会認定衛生士
永田 祐里
ベル歯科衛生専門学校卒業、日本歯周病学会認定衛生士
内田 詠子
岡山高等歯科衛生専門学院卒業
うず輪 みさと
岡山高等歯科衛生専門学院卒業
美柑 有希
本山学園インターナショナル歯科衛生士専門学校卒業
友金 諭美
朝日高等歯科衛生専門学校卒業
川⼜ 誠
朝⽇⾼等⻭科衛⽣専⾨学校卒業

歯科技工士

目黒 隆夫
岡山歯科技工専門学院卒業

受付スタッフ

  • 神田 知栄美
  • 丹下 真帆
PageTop
HOMEへ