TEL:086-214-5607
監修医院 さくらデンタルクリニック

〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-10

アクセス
メールでのお問合せ

よくある質問Q&A

HOME»  よくある質問Q&A

Q&A

歯周病で歯を失いました。インプラント治療は可能ですか?
歯周病患者さんは、虫歯で歯を失った患者さんと比べ、歯をささえる骨が萎縮していたり、他の歯が歯周病にかかっていたりする場合が多いです。そのまま、インプラント治療を行うことはリスクが伴います。他の歯の歯周病の治療を徹底し、萎縮した骨の造成術を行うことで、歯周病患者さんでも安全にインプラント治療を行うことができます。
インプラント治療の痛みは強いですか?
インプラント治療の術中は、局所麻酔がきいていますので、痛みはありません。手術後、当日は、痛み止めが必要になることがありますが、翌日以降は通常は、痛み止めを飲まないといけないほどの痛みはありません。
インプラント治療後は腫れますか?
インプラント埋入だけの手術の場合は、あまり腫れることはありませんが、骨造成を行った場合、腫れる可能性が高くなります。通常、2,3日がピークで、その後はひいていきます。
インプラント治療は長持ちしますか?
一般的にブリッジや入れ歯と比べて、インプラントは長持ちするといわれていて、術後10年の生存率は95%以上といわれています。長持ちするためには、インプラント周囲の適切な清掃と定期的な検診が特に重要です。
歯周病の原因菌は、いつごろ口の中に住み着きますか?
一般的に、思春期以降に定着します。唾液を介して、家族や親しい友人から感染したり、犬などのペットから感染する可能性もあります。
PageTop
HOMEへ