TEL:086-214-5607
監修医院 さくらデンタルクリニック

〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-10

アクセス
メールでのお問合せ

ブログ

インプラントとタバコ

こんにちは☺️

朝晩涼しくなり過ごしやすい頃となりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか🫧

食欲の秋も近づいてきていますので、しっかり美味しく食べるために

身体もお口の環境もしっかり整えておきましょう✨


今回はタバコとインプラントについてお話ししていきます❗️

最近は紙たばこだけではなく

加熱式タバコを吸われている方々が増えてきましたね

加熱式タバコは紙タバコより害が少ないと感じていませんか?

実はそうとは言い切れないのです⚠️

なんと

含まれる有害物質のニコチンなどの量はほとんど変わらない

のです・・・

日本口腔インプラント学会からは、加熱式タバコの注意喚起もされています

タバコが与える影響

こちらのブログで説明していますので、ぜひ目を通してみてください👀

“加熱式タバコでも、含まれる有害物質のニコチンなどの量はほとんど変わらない”

これを踏まえて、こちらのブログをご覧ください☺️

 


 

喫煙がインプラントに与える影響

喫煙はさまざまな理由によって、インプラントに悪影響を与えます

まず一つ目は、喫煙による血流の阻害です

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあります

血流が阻害されると、インプラントを支えている歯肉に必要な

酸素や栄養などがうまく行き渡らなくなってしまうのです

これにより、インプラントのネジと顎骨の結合がうまくいかず

インプラント治療の失敗に終わってしまうのです😨

 

また、粘膜に慢性的な炎症が存在し

歯肉の治癒不全

が起こりやすくなってしまいます・・・

歯周ポケットの中で歯周病の原因となる細菌も繁殖しやすくなります

 


二つ目は、免疫力の低下です

免疫力は健康であるためには人間の体に必ずなくてはならないものですよね

ニコチンは免疫力に対し、悪影響を及ぼします🌀

インプラントの治療後は

歯周病やインプラント周囲炎に気をつけなければいけません

タバコを吸っていると、お口の中が乾燥します

乾燥することで、細菌の活動は活発になってしまうのです

なぜなら、唾液の減少によって

 抗菌作用 

殺菌作用

自浄作用

が弱まるからです

歯周病菌が繁殖してしまうと

インプラントを支える歯茎や顎の骨に炎症をもたらす

歯周病・インプラント周囲炎

に繋がってしまいます

感染症の種類によっては、インプラントだけでなく

全身に深刻な症状をもたらすこともあるため、十分な注意が必要です‼️


インプラントを長く使っていただくためには

インプラントを支える歯ぐきや骨がしっかりとしている必要があります

インプラントは時間と費用をかけて行うものなので

ノーリスクの状態が一番です

特に重度の歯周病の方でインプラントをご希望される方には

必ず禁煙をしていただき

完全にリスクのない状態でインプラント治療を行うようにしています

その他インプラントについて詳しく知りたい!という方は

さくらデンタルクリニック 歯周病・インプラント専門サイト

または

お電話にてのご質問も承りますのでお気軽にご連絡ください

tel:086-214-5607

禁煙することが一番ですが、難しい方は正しく、徹底したホームケア

歯科医院での定期的なメインテナンスがとても重要になります💡

しばらく歯科医院に行ってない方はぜひ一度

歯周病や虫歯のチェックをしてみてください✨

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

また、次回のブログもお楽しみに♪


インスタグラムでも様々な情報を公開しております📷✨

 

 

 

 

 

 

 

 

PageTop
HOMEへ

PAGE TOP

診療カレンダー

« 2024年3月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
休診 午前休診 午後休診